あきの家

現在、あきの家はお休み中です・・・ This house is not available at the moment…

『あきの家』は、60代の夫婦・80代のおばあちゃんと30代の息子さんの4人暮らしです。

大きく立派な田舎のお家が立ち並ぶ集落にあり、『あきの家』もその中の一軒で、昔ながらの大きな一軒家。客間だけでも14畳あり、縁側からの緑の風景がとても綺麗です。

緑に囲まれ、四季を楽しみながら集落内をお散歩したり、大分県の郷土料理のだんご汁を作ったり、静かに過ごしたい人におすすめです。

台所・ダイニングスペース

台所は広々としていて、農家民泊のお母さんとお客さんがみんなで一緒に料理を楽しめます。

大分県の郷土料理『だんご汁』を作ったり、佐伯市の郷土料理である魚のすり身を使った『くじゃく』を作ったりと、佐伯市ならではの食を食べるだけでなく体験できます。

 

庭・BBQスペース

天気がよければ広々としたお庭で、地元食材を使ってBBQも楽しめます。※雨天時も、屋根があるので安心です。
周りを気にせずリラックスして楽しめる田舎ならではの雰囲気を味わえます。

Akino-ie Name plate

浴室

大きな窓があり、
快適に過ごせる浴室。

お手洗い

 男女別のトイレも田舎のお家ならではです。